スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文捏造疑惑で懲戒解雇は「有効」…当然だぁ

 遺伝子研究の論文捏造(ねつぞう)疑惑を巡り、東大を懲戒解雇された多比良和誠・元教授(56)が、「解雇権の乱用」として、東大に地位確認などを求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。

 中西茂裁判長は「助手の実験が疑問視されていたにもかかわらず、十分なチェックをせず論文を発表したことは、研究者としてあってはならない」として懲戒解雇は有効と判断、解雇発効日までの未払い給与約60万円の支払いを命じた以外は、請求を棄却した。

 判決によると、多比良元教授はリボ核酸(RNA)研究で知られていたが、東大は2006年、元教授の研究室に所属していた助手が実験を担当し、元教授が責任著者として発表した4編の論文について、実験が再現できず信頼性がないとして、2人を懲戒解雇した。

 訴訟で多比良元教授は「実験を行った当事者ではなく、処分は重すぎる」などと主張したが、判決は「他のあらゆる不祥事とも比較にならないほど、大学の信用を低下させており、解雇権の乱用はない」と判断した。

(2009年1月29日23時36分  読売新聞)

論文捏造疑惑で懲戒解雇は「有効」…元東大教授が敗訴

論文を捏造しておいて、解雇の乱用とは、反省していないのかぁ~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

stormshar

Author:stormshar
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
こんだ来てるよ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。